妊娠・出産

出産手当金とは|いつもらえる?支給金額や申請方法は?【概算支給額=月給×2.2】

2020-02-10

お悩みブタ
妊娠したら手当金をもらえるって聞いたんだけど、どんな人が対象でいくらもらえるの?

一時金というものもあるみたいだけど、これとは違うものなの?

申請方法やいつまでに手続きをするのかを知りたいな。

こんな悩みを解決します。

この記事を読むと、以下のことがわかります。

・出産手当金という制度について

・出産手当金の支給期間、支給金額

・出産手当金の申請方法

・妊娠したら行うべき出産手当金以外に必要な手続き一覧

僕は現在、2歳と1歳の娘たちを育てており、奥さんと共働きをしています。

ネタばれしてしまうと、会社員を続ける妊婦さんが出産する際にもらえるのが出産手当金なのですが、こちらの申請を2回経験しています。

妊娠に必要な手続きは、忘れてしまいがちなので、覚えているうちに記事にしています。

出産手当金とは

出産手当金とは、会社で働く女性が妊娠した際、出産の前後で仕事を休む場合に、その期間の経済的な支援をするものです。

 

例えば、経済的に自立したシングルマザーの方で、出産の前後で仕事を休まなければならないとしたら、その間は給与がないわけなので、困りますよね。

出産の前後のお休みを安心して取得してもらい、万全の状態で出産に臨んでほしい、というのがこちらの制度の役割でしょうか。

 

出産手当金の対象者

以下の3つの条件を全て満たした方が出産手当金を受け取ることができます。

 

出産手当金を受け取れる人

・会社の健康保険に入っている人(被扶養者でない)

・妊娠4ヶ月目以降の出産であること

・出産前後の定められた期間に給与の取得がないこと

詳しく解説していきます。

 

会社の健康保険に入っている人(被扶養者でない)

勤務している会社の所属する健康保険に加入している方が対象です。正社員かパート、アルバイトかは関係なく、会社の健康保険に加入していれば対象となりますので、確認してください。

 

一方で対象外となるのは以下の方です。

 

1.自営業の方

2.専業主婦の方

 

自営業の方は国民健康保険なので対象とはなりません。

また、専業主婦の方は、健康保険であっても、夫等の被扶養者である場合には対象になりません。

 

 

妊娠4ヶ月目以降の出産であること

考えたくはありませんが、これは、死産、流産、早産の場合でも適用されるということを意味しています。

 

出産前後の定められた期間に給与の取得がないこと

出産予定日の42日前(双子以上の場合は98日)から、出産日の次の日から56日の範囲で会社を休み、給与の支払いがなかった期間が対象となります。


また、期間内に有給消化によって給与の支払いがあっても、出産手当金の支払額よりも少ない場合は対象になります。

 

退職者、退職予定者はもらえるの?

出産を機に退職する方については、以下の条件を同時に満たせば適用となりますので、確認してください。

 

出産時に退職してももらえる条件

  1. 退職日までに一年以上の健康保険の加入期間があること

  2. 出産手当金の対象期間内に退職すること

 

 

1.は退職日からさかのぼって一年間は、会社で働いている(健康保険に加入している)、ということです。これは、転職しても問題はありません。ただし、その一年間の中で、国民健康保険に加入、またはパートナーの被扶養者となる、等があると、申請は認められなくなるので注意してください。



2.は単純で、図のように、退職していい期間が決まっています( 出産前42日から出産後56日の間のどこか )。その中であれば退職しても手当金をもらえるので、会社に相談しましょう。

 

ここで注意すべきことは、退職日に出勤して仕事をしてはいけない、ということです。

退職日に仕事をすると、手当金をもらえませんので、退職日には有給消化などを行い、会社に行かないようにしましょう。

 

 

出産手当金の支給金額の計算方法

ここからは実際いくら支給されるのか、具体例を示して出産手当金の総額について解説します。
出産手当金の総額は、下の式で計算されます。

 

出産手当金の総額

産休前12ヶ月の平均給与(標準報酬月額) × 対象期間(日数) ÷ 45

 

正規の計算とは少し違いますが、何度も式を使わなくていいですし、誤差も最大で千円程度なので、それを許容できるならこちらの式を用いてください。(タイトルで紹介した式は、対象期間 ÷ 45 = 2.2 としていいます。)

詳しく見ていきます。

 

標準報酬月額とは

ここには多くの定義があり、複雑なので、ざっくりと産休前12ヶ月の平均給与としてもそこまで違いはありません

このとき、賞与(ボーナス)は含まれません。

詳細をご覧になりたい方は、協会けんぽに詳しく掲載されています。
また、会社の総務関係の部署に問い合わせれば、きちんと計算して回答してくれるかもしれません。

 

それでは具体例を3つ紹介します。

 

具体例1 標準報酬月額20万円 出産予定日に出産

出産予定日に無事赤ちゃんが産まれた場合、手当金の対象期間は42 + 56 = 98日なので、合計額は

支給額:20万円 × 98日 ÷ 45 = 43万5,560円(1の位を四捨五入)



となります。

具体例2 標準報酬月額20万円 予定日のより5日早く出産

結論から言うと、残念ですが、早まった5日分は支給額が減ってしまいます。

僕の妻は2人出産し、いずれも本制度を申請しましたが、どちらも予定日より7日早くに出産したため、合計14日分が支払われませんでした。

さて、支給期間は 42 + 56 - 5 = 93日 なので

支給額:20万円 × 93 ÷ 45 =41万3,330円 

となります。

ただし、産休に入る期間が42日よりも早く入った場合は、その分だけ支給されます。
これは、出産手当金はあくまで、働けなかった間の経済的負担を保証する、という考え方に基づいているためです。

具体例3 標準報酬月額20万円 出産予定日より5日遅れて出産

この場合は支給期間が、出産予定日から伸びた分だけ延長されるので、期間は 42 + 56 + 5 = 103日 となり

支給額:20万円× 103日 ÷ 45 = 45万7,780円

となって少しだけ多く支給されます。

 

出産手当金の申請方法

申請方法は主に会社でも手伝ってくれたり、書類をもらえたりします。

以下が申請までの流れとなります。

出産手当金の申請手順

  • 出産手当金申請書を会社からもらう(加入している健康保険からも入手可能※)
  • 出産後、申請書に必要内容を記入し、出産した病院で医師の証明欄を記入してもらう
  • 出産して57日目以降に、会社へ提出し、申請完了 →出産手当金が支給されます

加入する健康保険先から書類をもらう場合、ネットから書類をダウンロードできます。(協会けんぽの申請書

 

そこまで申請方法は難しくありませんが、妊娠している場合は体調の変化が激しいと思いますので、余裕をもって申請できるといいですね。

 

出産手当金以外の必要な手続き一覧

妊娠~出産の間に、出産手当金以外にも手続きの必要のあるものをリスト化しました。

ぜひチェックして申請を漏らすことのないようにしましょう。

 

申請内容 方法 メリット
妊娠届出書 病院にて妊娠がわかると妊娠届出書が発行されるので、役所へ提出 ・母子手帳の配布
・病院の回数券配布
出産育児一時金の申請 出産予定の病院で申請 42万円が支給
出産手当金の申請 職場へ申請書を提出(提出は産後ですが、産前に書類を準備しておくと非常に便利) 産休前12ヶ月の給与に応じた額を支給

 

最後に

ここまでの内容をおさらいします。

 

・出産手当金をもらえる対象者について

・出産手当金の支給金額の計算方法

・出産手当金の申請方法

・妊娠~出産までで必要な手続き一覧

ここまで、出産手当金について解説してきました。

手当金は、多くのお金がいただける制度ですが、そのお金が支給されるのは、出産後57日以降となってしまいます。


ですので、出産の前にはまとまったお金を用意しておくと、心の不安が解消されます。

以上、お役にたてば幸いです。

-妊娠・出産

Copyright© 理系パパ 子育てのマーチ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.